map-freak-san

アジア

華夷図

12世紀・中国
地図講義

行基図とは?その特徴や歴史を解説!

「行基図」と呼ばれる日本地図がかつて日本で作られていたのはご存知でしょうか。行基は本当に地図を作ったのか、その点も含めて行基図の特徴や歴史、その役割から海外への影響などを外観していきましょう。行基図とは、中世から江戸時代初期の日本で作られていた日本地図の総称です。
ブログ

企画展レポート「江戸から東京へ-地図にみる都市の歴史」(東洋文庫ミュージアム) 展示品も一部紹介!

営業再開と同時に始まったのが、企画展「江戸から東京へ-地図にみる都市の歴史」です。早速展示を見てきたので、今回はその様子や展示品などを紹介します!本企画展はタイトルの通り、東京(江戸)の古地図に関する展示となっています。
ヨーロッパ

マルティン・ヴァルトゼーミュラーの世界地図

16世紀・ドイツ
ヨーロッパ

カタルーニャ図(アブラハム・クレスケス)

14世紀・スペイン
アジア

新訂万国全図(高橋景保)

19世紀・日本
地図講義

ポルトラーノ海図とは?その特徴や起源を解説!

この記事のテーマは「ポルトラーノ海図」と呼ばれる中世ヨーロッパで利用されていた海図です。その特徴や起源、種類などについて実際の画像とともに紹介します!現存する最古のものは13世紀後半のものであり、近代的な地図が登場する1600年頃まで利用されていました。
ヨーロッパ

シーボルト『NIPPON』付図

19世紀・オランダ
ヨーロッパ

ヴィンランド地図(Vinland Map)

製作時期・製作地不明
ブログ

世界の古地図の中の日本② 〜ヨーロッパ編〜

世界の古地図の中で日本がどのように描かれてきたのかを辿るシリーズ、今回はヨーロッパ編をお届けします!ヨーロッパと日本は地理的に離れていますが、両者の交流が始まって以降はいち早く近代的な地図の製作に成功しています。そこに至るまでの過程を見ていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました