大地図帳(ヨアン・ブラウ)

               

大地図帳の世界地図

 

名称(日本語) 大地図帳
名称(英語) Atlas Maior
製作時期 1662〜1672年(言語によって時期が異なる)
所蔵場所 東洋文庫(日本・東京都)など
作者 ヨアン・ブラウ
材質 羊皮紙(本)
大きさ 縦57.6cm×横37.6cm

 

「大地図帳」は1662〜1672年にかけて、オランダの地図製作者ヨアン・ブラウによって刊行された地図帳です。

言語により異なりますが最大で12巻、4000ページ以上にも渡るボリュームで、600近い地図が収められており、17世紀にブームとなった地図帳製作の集大成とも言える地図帳となっています。

 

 

地図帳の概要

17世紀の地図製作ブーム

17世紀のヨーロッパは空前の地図製作ブームと言える時代でした。

その背景として、イギリスやオランダといった大国が東インド会社を設立するなど、国際交易が盛んになっていたという点が挙げられます。
交易によって海外の情報や経済の繁栄がもたらされ、また商人や航海者からの需要もあり、地図製作が盛んに行われるようになったのです。

そんな時代に数多く作られた地図の集大成とも言えるボリュームを誇るのが、ブラウによる「大地図帳」なのです。

 

 

ヨアン・ブラウについて

ヨアン・ブラウ(1598頃〜1673年)は17世紀オランダの地図製作者です。

ヨアン・ブラウ

ヨアン・ブラウ

 

そして彼の父であるウィレム・ブラウ(1571〜1638年)も同じく地図製作者でした。
ウィレム・ブラウは1604年にアムステルダムに印刷工房を開き、地図を出版していました。

ウィレム・ブラウ

ウィレム・ブラウ

ウィレム・ブラウのヨーロッパ地図

ウィレム・ブラウのヨーロッパ地図(1630年)

 

 

父であるウィレム・ブラウが亡くなって以降、ヨアン・ブラウはオランダ東インド会社の公認地図製作者の座に就きました。

東インド会社公認の地図製作者であったことから会社の情報を自由に使うことができ、それによってこれ程までのボリュームを誇る地図帳の出版が可能となったのです。

 

 

ブラウとヤンソン

ブラウ一家の他に地図帳製作で繁栄したのがヨハネス・ヤンソニウス(ヤンソン 1588〜1664年)です。

両者は地図製作において互いに競い合い、1638年から1658年にかけて両者ともに「新地図帳」を刊行しました。
こうした競争の中で地図帳はますますボリュームを増していったのですが、その末にブラウが出したのがこの「大地図帳」なのです。

ヤンソン「新地図帳」

ヤンソン「新地図帳」表紙(1641年)

 

 

地図帳の内容

「大地図帳」は出版された言語により異なりますが、10巻ほどのボリュームの中に600近い地図が掲載されています。

各言語ごとの出版年、巻数、地図数を以下まとめます。

言語 出版年 巻数 地図数
ラテン語 1662〜1665年 11 593
フランス語 1663〜1667年 12 596
オランダ語 1664〜1665年 9 600
ドイツ語 1667年 9 612
スペイン語 1659〜1672年 10 544

 

各巻違う地域を取り上げているのですが、ここではラテン語版の11巻とオランダ語版の9巻それぞれの内容を見てみましょう。

ラテン語版

第1巻 北ヨーロッパ、ノルウェー、デンマーク、及びシュレースヴィヒ
第2巻 スウェーデン、ロシア、ポーランド、東ヨーロッパ、及びギリシャ
第3巻 ドイツ
第4巻 ネーデルラント
第5巻 イングランド
第6巻 スコットランド、及びアイルランド
第7巻 フランス、及びスイス
第8巻 イタリア
第9巻 スペイン、及びアフリカ
第10巻 アジア
第11巻 アメリカ

 

オランダ語版

第1巻 北極圏、及び北ヨーロッパ
第2巻 ドイツ、及びその隣接地
第3巻 ネーデルラント
第4巻 イングランド
第5巻 スコットランド、及びアイルランド
第6巻 フランス
第7巻 イタリア、及びギリシャ
第8巻 スペイン、アフリカ、及びアメリカ
第9巻 アジア、及びアジアの中のシナ

 

こちらの記事ではラテン語版・オランダ語版それぞれを閲覧できるサイトを紹介していますので、併せてご覧ください。

ヨアン・ブラウの「大地図帳」を閲覧できるサイトを紹介!
17世紀オランダでブームとなっていた地図製作の集大成とも言えるヨアン・ブラウの「大地図帳」。10巻ほどのボリュームに600近い地図が収められているのですが、それらをウェブ上で閲覧できるのをご存知でしょうか?今回は「大地図帳」を閲覧できるサイトを二つ紹介します!

 

以下、各地域の地図をいくつか紹介していきます。

北ヨーロッパ

スカンジナビア

第1巻に掲載されている北ヨーロッパ(スカンジナビア)の地図です。

 

 

ドイツ

ドイツ

こちらはドイツ周辺の地図です。

17世紀の当時は神聖ローマ帝国でした。

 

 

ネーデルラント

ネーデルラント

現在のオランダからベルギー北部にかけてを領土としていたネーデルラント連邦共和国の地図です。

当時の首都は地図の製作地であるアムステルダムではなく、ハーグでした。
現在のオランダの首都はアムステルダムですが、政治の中心は今でもハーグですね。

 

 

イングランド、スコットランド、及びアイルランド

ブリテン島とアイルランド

ブリテン島とアイルランドの地図です。

当時はイングランドとスコットランドの合邦(1707年)前でしたから別の国としてそれぞれ色が分かれています。

 

 

フランス

フランス

ルイ14世統治下のフランス王国の地図です。

 

 

イタリア

イタリア

イタリア半島は当時一つの国家ではなく、ヴェネチア共和国やジェノヴァ共和国、教皇領やナポリ王国などの国に分かれていました。

 

 

スペイン

スペイン

イベリア半島の地図です。

左の黄色い部分はポルトガル王国で残りがスペイン王国です。

 

 

アフリカ

アフリカ

アフリカ大陸の地図です。

ヨーロッパのものと比べるとやや形がいびつですが、それでも中世以前のものと比較すると正確性が増しているのが分かります。

海上には帆船や海獣が描かれています。

 

 

アメリカ

アメリカ

「新大陸」アメリカの地図です。

 

 

アジア

アジア

最後はアジアの地図です。

東に行くに連れて、形が正確性を失っていきますが日本も確認できます。

 

下の地図は日本単体のものです。

日本

 

蝦夷(北海道)が右上に少しだけ見えます。

 

アジア全図の方では朝鮮半島が島になっているのに対し、日本地図の方ではちゃんと半島として描かれています。

16世紀後半から17世紀にかけて、ヨーロッパ人の持つ情報が少なかったため朝鮮は島と認識されることがほとんどだったようです。
中には半島として描いていた地図もあるようなのですが、この大地図帳では同じ地図帳の中でも揺れがあるのが興味深いですね。

オルテリウスの日本地図

朝鮮が島として描かれている地図の例(アブラハム・オルテリウス 1595年)

 

 

 

製作意図

これほどまでに豪華な「大地図帳」はなぜ作られたのでしょうか?

それは商業的な理由が大きいと考えられています。

 

この地図帳は、同業者であるヤンソンとの地図帳製作競争の末に作られたものであり、ボリュームや装飾こそ目を見張るものがありますが、地図として学術的な価値はほとんどないとされています。

むしろそうした豪華さが当時の上流階級の人々に受け入れられ、こうした地図帳を持っていることが一種のステータスとされていました。

このような状況もあり、ブラウの大地図帳は商業的に大成功を収めました。

 

 

まとめ

10巻前後のボリュームの中に600近い地図が収録されているヨアン・ブラウの「大地図帳」。
その豪華さから上流階級の人々に受け入れられていました。

しかし装飾的な側面が強く、地図の実用性が重視されるのはもう少し先の話になりそうです。

 

 

参考文献

安藤万有子 (2016) 「東洋文庫所蔵ブラウ 『大地図帳』―地図における絵画的装飾―」, 『東洋文庫書報』

アン・ルーニー 著『地図の物語 人類は地図で何を伝えようとしてきたのか』 日経ナショナルジオグラフィック社、2016年

エドワード・ブルック=ヒッチング 著『世界をまどわせた地図 伝説と誤解が生んだ冒険の物語』 日経ナショナルジオグラフィック社、2017年

橘伸子 (2014) 「東洋文庫所蔵ブラウ『大地図帳』総目次 : J. Blaeu, Grooten Atlas, 1664-1665」, 『東洋文庫書報』

Cornelis, Koeman, Günter, Schilder, Marco Van Egmond, and Peter Van Der Krogt (1987) ‘Commercial Cartography and Map Production in the Low Countries, 1500–ca. 1672’ in The History of Cartography, Volume 3 Cartography in the European Renaissance ed. by David Woodward.

17世紀なかばのヨーロッパ地図 | 世界の歴史まっぷ

ネーデルラント連邦共和国 – Wikipedia

A monument from the Canon of Dutch History: Blaeu’s ‘Atlas maior’ | Special Collections – Utrecht University Library

Blaeu Atlas Maior, 1662-5 – Maps – National Library of Scotland

Jan Janssonius – Wikipedia

Willem Blaeu – Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました